トップへ » 院長紹介・経歴 » ドクター3人体制について、スタッフについて

ドクター3人体制について、スタッフについて

ドクター紹介・経歴
国立鹿児島大学歯学部を卒業後に上京し、1999年の6月に開業しました。自分の生まれ故郷ではなく東京に根付くことを決めたのは、頻繁に講演会や講習会が行われているため最新の医療技術や手法などの情報量も多く、患者さんに良い医療を早く提供することが可能だという点からです。

現在、当院は3人の歯科医師が常駐していますが、開業当初は僕一人で患者さんを診ていました。私と歯科衛生士2人でやりくりしていましたが、どうしても患者さんをお待たせしてしまったり、ゆっくりご相談に乗る時間が確保できなかったりと、自分望む一人ひとりに寄り添った医療ができずにいました。

現在の体制によって、一人ひとりの患者さんと向き合うことができますし、担当制ではなく3人で情報を共有しながら一人の患者さんを診るようにすることで、より多角的な視点を持って治療の可能性を追求できるようになりました。

私以外の2人の医師のうち1人は国立鹿児島大学の後輩です。お世話になった母校の出身者にここで働いてもらい経験を積んでもらえたら、少しは母校に恩返しができるのではないかと思っています。

また、ありがたいことに歯科衛生士等のスタッフもみんな、当院に長く努めてくれています。患者さんがいつ来ていただいてもいつもと変わらないスタッフが対応することで、安心して治療を受けていただけると思い、とても嬉しいです。


トップへ » 院長紹介・経歴 » ドクター3人体制について、スタッフについて


コールバック予約