トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

虫歯があることが分かっていても、治療の痛みを想像するだけで、なかなか歯科医院に行く気にならないという方も多いと思います。でも、そのまま放置しておくと虫歯はどんどんひどくなるばかり。「自然には決して治癒しない」というのも虫歯のひとつの特徴でもあります。
※ご希望の方には、表面麻酔や電動麻酔を行って治療をしております。

塗り薬のように患部に直接塗る表面麻酔
表面麻酔は塗り薬のように患部に直接塗ることで、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させ、麻酔針を注入する際の「チクリ」をできるだけ減らすことができます。


ゆっくり注入する電動麻酔
一般歯科(虫歯治療)麻酔の針のささる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みがあります。その痛みは、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。当院では、「電動麻酔」とよばれる特殊な装置をつかって、ゆっくりと麻酔注入。 麻酔を入れるときの、痛み・不快感を抑えています。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする


コールバック予約