トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 小児歯科 » 成長に合わせて予防を中心にした小児治療

成長に合わせて予防を中心にした小児治療

小児歯科
●健康な歯を保つための小児歯科
●定期検診で健康な歯を作る

いうまでもありませんが、お子さんの歯を虫歯から守るためには、ご自宅で行う歯磨きが一番大切です。しかし、大人でも正しくブラッシングできている方が少ないので、子供にとっては難易度の高い作業であるともいえます。

たとえ、毎日一生懸命歯磨きをしていても、慣れない手つきでゴシゴシと擦っているだけでは磨き残しも多く残り虫歯の予防も難しくなってしまいます。当院では、予防歯科の概念を小児歯科治療にも大いに取り込んでいます。

たとえば、定期検診では、お口の中を定期的に観察し、歯の生え具合や噛み合せのチェックやフッ素を塗って歯質を強化します。また、歯磨き指導では、歯科医師が歯ブラシの握り方や動かし方を丁寧に指導しながら、歯の磨き方をお子さんと一緒にチェックしていきます。この時期に正しい歯磨きの方法をしっかりと身に付けることが、お子さんのお口の健康を生涯守っていく礎になると考えて、熱心に指導していきます。

こうした予防を中心にした治療は、虫歯や不正咬合の早期発見・治療につながり、長い目で見れば丈夫で健康な歯を作ります。お子さんの歯を虫歯から守るためにも、お子さんの歯の定期検診をおすすめしています。


乳歯が生え始めたお子さんには
お子さんの乳歯が初めて生えてきたとき、ご家族の方がたの喜びもひとしおでしょう。大切なお子さんの歯を虫歯にさせないためには、乳歯が生え始めたこの時期から、歯医者さんでの定期健診を受けることがおすすめです。

お子さんの成長は早く、日に日に、お口の中の環境も変わってきます。6か月に一度、お口の中の様子を見ていくことで、虫歯や不正咬合や不正歯列などの早期発見ができます。経過を見ながら、治療しやすい時期に矯正治療に移ることも可能です。


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 小児歯科 » 成長に合わせて予防を中心にした小児治療


コールバック予約