トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療

【歯周病とは?】早期発見・早期治療で大切な歯を守りましょう

歯周病治療

近年の厚生労働省の調査によると、「成人の約8割が感染している」という歯周病。40才以上では5人中4人は歯周病を患っているともいわれています。

歯周病は、歯垢が石灰化して歯石に変わることで、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、その中に細菌が溜まり始めることが原因となっています。溜まり始めた細菌によって歯肉が炎症を起こし、歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨が細菌によって溶かされ、歯を支えきれなくなってきます。そのまま放置しておくと、最終的に歯を失ってしまう意外と怖い病気なのです。

実は歯周病の初期段階で、自覚症状を持つ方はほとんどいません。症状が現れたころには、歯周病はかなり進行した状態であり、既に手遅れというケースがほとんど。そうなる前に、早期発見・早期治療を心がけ、大切な歯を歯周病から守りましょう。

【歯周病治療】治療は歯周病を治してから始める

歯周病治療
治療は、歯周病を治してから始めるようにしています。歯周病があるまま他の治療を進めても、お口の中に棲みついた歯周病菌がどんどん進行し、最悪の場合、せっかく治した歯も何もかも、抜け落ちてしまうからです。

こうしたことを防ぐために、歯周病を併発している虫歯などは、スケーリングで歯石や汚れを取り除いて歯ぐきを引き締め、歯周ポケットの溝を規定値以下にすることが大切です。

重度の歯周病にも対応!幅広い歯周病治療メニュー

スケーリング
スケーラーとよばれる金具を使い、歯ぐきや歯周ポケットの内側に溜まっている汚れやプラーク、歯石を、歯を痛めないよう細心の注意を払って除去します。治療後は、歯の表面をなめらかにするルート・プレーニングを行うことによって、細菌の付着を防ぎ、お口の中全体に、爽やかさが広がります。虫歯や歯周病はもちろん、お口の中のイヤなにおいも防いでくれますので、口臭が気になる方にもおすすめです。

歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、一度付着するとなかなか落ちません。歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善します。


歯周内科
特定の抗生物質を処方して、歯周病菌を減らし炎症を抑えます。痛みを伴う外科的な処理も必要なく、安全に歯周病を改善できる方法として、近年注目され始めている治療方法です。

<治りにくい重度の歯周病には>
歯肉切除
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの炎症を起こして増幅した不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で、短時間で行うことができます。


歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケットの深さが3~5mm程度の比較的軽症の場合に行う手術です。歯肉に麻酔をして歯周ポケットの中の歯石や歯垢を除去します。


フラップ法(Fop)
症状が進行した比較的、重症といえる状態の場合に行う手術です。歯肉(歯肉)を切開して歯槽骨からはがし、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去して歯肉を元の状態に戻します。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの特徴
一般歯科(虫歯治療) 小児歯科 審美歯科・ホワイトニング 予防歯科(クリーニング)
歯周病治療 失った歯の治療 インプラント治療 入れ歯 よくあるご質問
料金表 医療費控除について

院長紹介・経歴
院内ツアー アクセス・診療時間  スタッフ紹介 プライバシーポリシー

まずはお気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 歯周病治療


コールバック予約