トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 入れ歯

【入れ歯】入れ歯が合わなくてお困りの方へ

入れ歯

「入れ歯を作ったが痛くて合わない」
「喋るときに浮いて外れてしまう」
このように入れ歯の悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

歯をなくしてしまうと、もう楽しく食事を取る事は出来ないと諦めてしまう方も多いようです。原因は義歯(入れ歯)が合わないから。

入れ歯は、不具合を我慢してはいけません。上下顎の義歯の咬合(噛み合わせ)が悪いまま使用を続けると、顎関節症や頸椎・胸椎・腰椎等の脊柱に障害(椎間板変形による神経障害等)をおよぼすことがあります。美味しくものを食べられるよう、また噛み合わせからくる全身の健康にとっても、きちんと噛み合った入れ歯をお使いになることが大切です。

当院では、患者さんとじっくり話し合った上で、丈夫で長持ちする入れ歯作りを心がけています。当院でご提供する入れ歯は「落ちない・浮かない・痛くない」ことを重視し精度の高い技術者が一つひとつ丁寧に仕上げています。快適に過ごせるように作られており、装着したときの痛みやズレがほとんどありません。

このページでは、当院の入れ歯についてご説明いたします。

【当院の特長】患者さんに合った入れ歯をおすすめしています

入れ歯
入れ歯をお作りするのがはじめての患者さんにとって、入れ歯という異物を口の中に入れる違和感に慣れるということが一番最初の関門になると思います。当院では、基本的に最初は保険が適用できるものをおすすめし、経済的な負担が少ないところで慣れて頂くことをおすすめしています。

入れ歯には、保険が適用できるプラスチック床のものから、ソフトな装着感のノンクラスプデンチャーや耐久性に優れた金属床までさまざまな種類があります。ご予算を割いて、自費でおつくりになる場合は、より質の高いものを提供できます。例えば、金属床などは、安定性・耐久性・装着感に優れ、長期にわたり快適な状態でお使いいただける入れ歯であるように、それぞれに特徴があり、使用する素材や構造などにより耐久性も、金額も異なります。

ご提案するときは、患者さんの状況やご要望、ご予算をよくうかがって、各種入れ歯の特長やメリットと、デメリットをしっかりお伝えした上で、お選びいただいています。入れ歯についてのご要望や質問などありましたら、遠慮なくご相談ください。

入れ歯の種類

軽くて目立たない義歯(ノンクラスプデンチャー)痛くない義歯
釣歯の下の歯肉まで樹脂を回り込ませる設計が可能なので、歯肉の形状にもぴったりと調和させ、フィットさせる事ができます。歯に接触する床部分を薄く作ることで弾力が増し、歯牙をしっかり挟み込んで作るので留め具(クラスプ)を使用しないという大きなメリットがあります。汚れが付きにくく、しかもノンアレルギー。不快な口臭の発生も抑えられとても衛生的です。


金属義歯金属義歯
丈夫で薄く快適性・安定性に優れる金属義歯(入れ歯)です。なにより薄いつくりの為、お口に入れた時の違和感が少なく、食事や発音がしやすいということが大きなメリットです。また、金属義歯は樹脂のみの入れ歯とは違い熱を伝えるので、熱い飲み物の誤飲による喉の火傷を防ぐことができます。

コーヌス義歯コーヌス義歯
「イカやたくわんなどを、思い切り噛めるようになりたい」という方におすすめなのが、コーヌス義歯です。コーヌス義歯は入れ歯と歯が一体になるように作られるため、噛む力を従来の入れ歯よりも格段に増します。


保険義歯
保険適用内でご提供できる精密義歯(入れ歯)です。初めて入れ歯を作る方には、こちらをおすすめしています。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの特徴
一般歯科(虫歯治療) 小児歯科 審美歯科・ホワイトニング 予防歯科(クリーニング)
歯周病治療 失った歯の治療 インプラント治療 入れ歯 よくあるご質問
料金表 医療費控除について

院長紹介・経歴
院内ツアー アクセス・診療時間  スタッフ紹介 プライバシーポリシー

まずはお気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの特徴 » 入れ歯


コールバック予約